レーザー脱毛施術の体験談を紹介します

脱毛に関して、とりあえずレーザー脱毛施術の体験談を紹介します。わたしがワキの脱毛を始めたのが2~3年前です。

「クリニック」でもエステで受ける事が出来る光方式同様最初はカウンセリングが必要になってきます。カウンセリングとはエステティシャンとプランを選んでいきます。レーザーの場合は医療系だけで認定されているマシンを使用しますので、最初に医師のカウンセリングが必須となっています。これは、マシンに関しての説明を受けます。

次に施術をする部屋で施術台に横になり、ドクターが肌の様子をチェックしてマシンの調整を従業員の方に指示をするというステップです。クリニックの場合は、レーザー脱毛の場合は、このような感じになります。

リアルに施術を受ける時は、ワキの部位は、時々チクッという鋭い刺激を感じることがありますけど、3分ほどで終了するので心配しなくて大丈夫です。

みなさまは、エステティックの脱毛にご興味があるでしょうか。女性なら、1度は通ってみたいななんて検討した事があると思います。
自分自身も昔からむだ毛に悩みを持っており、高校の頃まではブリーチ、カミソリ、毛抜きなどいろいろ使って処理をしました。根本的にカミソリを使って処理をするとカサカサしてしまう肌質なので、自己処理することなく伸ばしっぱなしにしていることが多々ありました。

もはや日本の夏は35℃を上回る猛暑ですので、無駄毛が鬱陶しいと思うようになってからは脱毛サロンでの脱毛を受けたいと考えました。ミュゼ・プラチナムというサロンは、ワキ脱毛のメニューがワンコインでできるキャンペーンをしています。こちらはミュゼが初めてという女性を対象にしています。

ホームページからも表示されているように、初回のカウンセリングからスタッフさんの強引な勧誘もありません。

わたしが生え始めたむだ毛に困りはじめたのは思春期を迎えたあたりです。以前は特にコンプレックスもなかった私自身からみると難題になりました。
ムダ毛の悩みを照れくさくてお母さんに聞いてもらうこともできず自身でお手入れをやっていましたが、社会人になってから親のひじ下やひざ下のムダ毛に目を向けても一切伸びていないという事にビックリします。

割合と毛量や身丈なんかも世代間で引き継いでいくと耳にするのでおおかた遺伝なのだろうと思っていたのですが、父母はスベスベのお肌で毛穴すら見当たらないのです。そのいっぽう自分は、子供の頃からムダ毛処理を長く続けているせいで毛穴自体が強調されてしまい、カミソリで処理をしても黒い痕が留まってしまい恥ずかしい素足をしています。

親も私と似たように無駄毛が見られるんならば、遺伝的なものだと分かるんだけれどもわたしに限って毛が濃いというのは意味不明なのです。同一の食べ物だし、同じ環境で過ごしているのに何故なのかと「?」でいっぱいです。

度々体毛は素肌を庇う機能があるので発毛していると耳にしたこともあり、そうポジティブに考えると私自身の素肌は弱いんだろうなって信じるようにしています。

おすすめ⇒アリシア 脱毛予約

「シミ」などが出来ると、お肌が綺麗に見えなくて落ち込みます。素顔がひどいとベースメイクをしっかりしないとと思って、分厚いメイクなります。
その様な化粧だと化粧落としの時に手こずるのでイライラしてしまいます。肌荒れやブツブツの元になるという話もあるので、もっとシミやそばかすが多くなりなりそう・・・。

以前から、肌のお手入れは美容化粧水や美容乳液などをつけ、洗顔石鹸やクレンジング液は低刺激のものを使ってきました。
ですが、そういう考えだけでは十分じゃなかったのかもしれません。自身の肌タイプや年代にあった物というのも、化粧品選びには必要かもと思い始めたのです。

しかし、スキンケア用品は化粧品屋さんで見かけるだけでも数が多くて、どの化粧品が自身の年や肌タイプにあっているのか判断出来ません。長い目で見ていろいろ試すことがいいと思うのですが、ローション等が自分向きじゃなくて肌が傷まないか心配です。
ですが、対策をしなかったばかりに、お肌が老化の一途をたどるのは悲惨の一言です。美容部員さんに聞いたり、美容雑誌や化粧品の公式のサイトをチェックしたりして、リサーチを行いいろいろ試そうと思います。

あたしが綺麗になる為に気を付けている事は、栄養バランスのいい食事をとることです。
この事は、土台になるものだと考えています。何故って、高いスキンケア用品でケアしていても洗顔方法が間違っていたり、脂っこい物ばかりを摂りすぎていたら無駄になりますよね。なので、化粧水などの力を出来るだけ引き出す為にも栄養バランスに気をつけるようにしていますよ。

原則として食べすぎないこと。慣れるまでは空腹感に襲われてしんどいですが、ここさえ乗り越えられればどんどんと習慣化してくるので大丈夫ですよ。それどころか、前より量が減っても平気になっているという事で幸せを感じられるようになります。

また、「野菜」を多く摂取するのもポイント。なるべくオーガニック野菜を摂るように心掛けています。少し高いので食費が掛かっちゃいますが、自然栽培の野菜にはしっかりとした美味しさがあります。
前は義務的に食べていた方だったのですが、キチンと味の濃い野菜を食べればたくさん摂取出来ます。お野菜に含まれる成分は美しい容姿作りに欠かせないのでいっぱい食べていますね。

カサカサ肌のあたしは、つねにお風呂から上ったらしっかり保湿する習慣をつけています。風呂から上がる時、タオルで軽く水滴を拭ったらそのまま風呂場で全身にたっぷりとローションをつけています。
体を潤すために使っている化粧水は低価格の化粧水です。化粧水がお肌に浸透したら風呂場から出て保湿用クリームでそっと揉みほぐすように全身に塗るようにします。風呂から出るときに直ぐに化粧水、保湿ジェルクリームを使うようになってから身体が乾燥して困ることが無くなりました。

若かった頃は、夏の暑い日にからだがベタッとするのがイヤで身体を保湿することを疎かにしていました。ですが、歳を重ねるごとに潤いは無くなってきました。
今では「夏こそ保湿ケア!」と意識しています。乾燥が気になる寒い季節だけきちんと保湿ケアするのではなく、一年を通して保湿をしていたら吸いつくような肌になりました。

お肌が乾燥すると、皺やくすみなど老化の原因をつくります。顔だけで終らせず全身保湿して、この先ずっと弾けるような肌でありたいです。
安い化粧水だって毎日浴びるようにつけてしっかり保湿することで、乾燥で悩まされる心配は無用です!