何度も剃刀で始末してばっかりいると毛が濃くなってしまうよ

エステ通いしているお友だちに何度も剃刀なんかで始末してばっかりいると毛が濃くなってしまうよと聞かされました。ですが、脱毛サロンや美容外科クリニックでの脱毛代を下調べしてみると、高額という事が分かります。
フラッシュ脱毛が良いということだったのですが、おウチで手軽にできる脱毛器機を入手しやすい金額で購入できるようにならないかなと思います。

脱毛サロンで脱毛しても、すべての毛がなくならず予想を上回る金額をつぎ込む事になるとか小耳にはさんだこともあります。
個人個人でお肌や体毛に関する困り事が同じではないのに似通った処理法で毛のお手入れをしてもこの厄介事から逃れることにはつながらなそうです。

剃ってケアすると、ぱっと見はつるりんとなるから、最も好んでいるやり方なのですが、相当肌ダメージがあるという事なので、今後どの様になっちゃうんだろうかと不安になります。
脱毛専門サロンの費用がもっと安くなれば行きやすいと思う反面、ちゃんとした効き目がなければ意味がないですし、やっぱり、安すぎると、勘ぐってしまいます。もっとわたし自身にマッチしたケア法が見つかればいいなと思います。

むだ毛を処理する時にこうやると良いよとか、こうやったら目立ちにくくなるよ、といった手引書というか何かムダ毛の知識本があったらいいなと思ったのです。
ムダ毛の場合誰にでも悩みは有ると思うし、やっぱり他人には話しづらいことですので、ムダ毛の仕方みたいな本があるとラクなんじゃないかな、とふと思ったのです。

実際に私も日々むだ毛のお手入れをしていますが、なかなかいい方法が分らなくて、皆さんも自分とおなじようにやっているのかなと疑問に思いました。

あときっちりとムダ毛のお手入れができない箇所があったりするので、どうやればムダ毛を残す事なく、ちゃんとムダ毛の跡を残さずに綺麗にムダ毛の処理が出来るのか、それが分ったら嬉しいな、と思ったのです。

他人に話すような事じゃないから、誰かに相談しなくても良いように、また、費用の掛かるエステサロンに通ってまで無駄毛の処理なんてやらなくてもきれいになれる、そんなお手入れ方法が自分自身で部屋で人に見られる事もなくできたらうれしいですよね。

年齢が増すに伴い、年々濃くなってしまったものといえば顔毛です。口周りの毛や鼻の下の産毛などがすごく目立ってきちゃって、しょっちゅう剃らなければいけないくなったので、勇気を出して脱毛処理をスタートさせました。

顔脱毛は痛いだろうなと考えていたので、医療クリニックの脱毛ではなくて、肌に対してとても低刺激である脱毛専門店での美容脱毛によってやってもらいました。
脱毛箇所に「光照射」だけで、ビックリするほど迅速に脱毛処理が終了しましたし、脱毛処理の前と後には念入りにお肌の熱を取ってくれたり丹念に保湿ローションを塗り付けてくれてお肌にうるおいを与えてくれたり、肌ケアも完璧で快適でした。

顔の脱毛を受けるようになってから、間違いなくファンデが浮かなくなったし、顔の産毛も薄らとしたので澄んだ肌になれて、想定外にくすみも取れて感動しました。
カミソリによる自己処理はやはり肌を乾燥させてしまう元にもなりますし、毛穴自体にも悪いので、つるぴかのお肌が理想ならば脱毛の施術は非常に良いと思います。

私は物凄くむだ毛が多いので、毎日むだ毛ケアが面倒臭いです。ムダ毛処理なんて3日に一回くらい行えばいいと考えているムダ毛が濃くない方もいるでしょうけど、むだ毛が大量にあると絶えずキチンとケアしないとすぐに発毛してくるので参っちゃいます。

特に夏なんかの肌を晒す機会が多い時には、処理に手落ちはないか、そり忘れ等がないか日々すごく気になります。

それから処理の時間も手間も結構かかりますし、もうこのムダ毛処理に疲れてしまいました。そんな訳で思い付いたのが脱毛の施術です。脱毛処理さえ行ってしまえば、これ以上セルフケアしないでよくなります。

脱毛エステだと、暫くしたら発毛してくる気がするので、医療系の美容外科で医療用レーザー脱毛をお願いしようと検討しています。ただ医療レーザー脱毛は痛みが強いらしいので、ちょっぴり怖い気もします。
実際やってみたいなとは思いつつも、「痛い」のがおっかなくってちょっと勇気が出ないのです。ですがこの際踏ん切りをつけるしかないですよね。意を決して、早いところ脱毛を始めたいです。

レジーナクリニック 無料カウンセリング予約

レーザー脱毛施術の体験談を紹介します

脱毛に関して、とりあえずレーザー脱毛施術の体験談を紹介します。わたしがワキの脱毛を始めたのが2~3年前です。

「クリニック」でもエステで受ける事が出来る光方式同様最初はカウンセリングが必要になってきます。カウンセリングとはエステティシャンとプランを選んでいきます。レーザーの場合は医療系だけで認定されているマシンを使用しますので、最初に医師のカウンセリングが必須となっています。これは、マシンに関しての説明を受けます。

次に施術をする部屋で施術台に横になり、ドクターが肌の様子をチェックしてマシンの調整を従業員の方に指示をするというステップです。クリニックの場合は、レーザー脱毛の場合は、このような感じになります。

リアルに施術を受ける時は、ワキの部位は、時々チクッという鋭い刺激を感じることがありますけど、3分ほどで終了するので心配しなくて大丈夫です。

みなさまは、エステティックの脱毛にご興味があるでしょうか。女性なら、1度は通ってみたいななんて検討した事があると思います。
自分自身も昔からむだ毛に悩みを持っており、高校の頃まではブリーチ、カミソリ、毛抜きなどいろいろ使って処理をしました。根本的にカミソリを使って処理をするとカサカサしてしまう肌質なので、自己処理することなく伸ばしっぱなしにしていることが多々ありました。

もはや日本の夏は35℃を上回る猛暑ですので、無駄毛が鬱陶しいと思うようになってからは脱毛サロンでの脱毛を受けたいと考えました。ミュゼ・プラチナムというサロンは、ワキ脱毛のメニューがワンコインでできるキャンペーンをしています。こちらはミュゼが初めてという女性を対象にしています。

ホームページからも表示されているように、初回のカウンセリングからスタッフさんの強引な勧誘もありません。

わたしが生え始めたむだ毛に困りはじめたのは思春期を迎えたあたりです。以前は特にコンプレックスもなかった私自身からみると難題になりました。
ムダ毛の悩みを照れくさくてお母さんに聞いてもらうこともできず自身でお手入れをやっていましたが、社会人になってから親のひじ下やひざ下のムダ毛に目を向けても一切伸びていないという事にビックリします。

割合と毛量や身丈なんかも世代間で引き継いでいくと耳にするのでおおかた遺伝なのだろうと思っていたのですが、父母はスベスベのお肌で毛穴すら見当たらないのです。そのいっぽう自分は、子供の頃からムダ毛処理を長く続けているせいで毛穴自体が強調されてしまい、カミソリで処理をしても黒い痕が留まってしまい恥ずかしい素足をしています。

親も私と似たように無駄毛が見られるんならば、遺伝的なものだと分かるんだけれどもわたしに限って毛が濃いというのは意味不明なのです。同一の食べ物だし、同じ環境で過ごしているのに何故なのかと「?」でいっぱいです。

度々体毛は素肌を庇う機能があるので発毛していると耳にしたこともあり、そうポジティブに考えると私自身の素肌は弱いんだろうなって信じるようにしています。

おすすめ⇒アリシア 脱毛予約

「シミ」などが出来ると、お肌が綺麗に見えなくて落ち込みます。素顔がひどいとベースメイクをしっかりしないとと思って、分厚いメイクなります。
その様な化粧だと化粧落としの時に手こずるのでイライラしてしまいます。肌荒れやブツブツの元になるという話もあるので、もっとシミやそばかすが多くなりなりそう・・・。

以前から、肌のお手入れは美容化粧水や美容乳液などをつけ、洗顔石鹸やクレンジング液は低刺激のものを使ってきました。
ですが、そういう考えだけでは十分じゃなかったのかもしれません。自身の肌タイプや年代にあった物というのも、化粧品選びには必要かもと思い始めたのです。

しかし、スキンケア用品は化粧品屋さんで見かけるだけでも数が多くて、どの化粧品が自身の年や肌タイプにあっているのか判断出来ません。長い目で見ていろいろ試すことがいいと思うのですが、ローション等が自分向きじゃなくて肌が傷まないか心配です。
ですが、対策をしなかったばかりに、お肌が老化の一途をたどるのは悲惨の一言です。美容部員さんに聞いたり、美容雑誌や化粧品の公式のサイトをチェックしたりして、リサーチを行いいろいろ試そうと思います。

あたしが綺麗になる為に気を付けている事は、栄養バランスのいい食事をとることです。
この事は、土台になるものだと考えています。何故って、高いスキンケア用品でケアしていても洗顔方法が間違っていたり、脂っこい物ばかりを摂りすぎていたら無駄になりますよね。なので、化粧水などの力を出来るだけ引き出す為にも栄養バランスに気をつけるようにしていますよ。

原則として食べすぎないこと。慣れるまでは空腹感に襲われてしんどいですが、ここさえ乗り越えられればどんどんと習慣化してくるので大丈夫ですよ。それどころか、前より量が減っても平気になっているという事で幸せを感じられるようになります。

また、「野菜」を多く摂取するのもポイント。なるべくオーガニック野菜を摂るように心掛けています。少し高いので食費が掛かっちゃいますが、自然栽培の野菜にはしっかりとした美味しさがあります。
前は義務的に食べていた方だったのですが、キチンと味の濃い野菜を食べればたくさん摂取出来ます。お野菜に含まれる成分は美しい容姿作りに欠かせないのでいっぱい食べていますね。

カサカサ肌のあたしは、つねにお風呂から上ったらしっかり保湿する習慣をつけています。風呂から上がる時、タオルで軽く水滴を拭ったらそのまま風呂場で全身にたっぷりとローションをつけています。
体を潤すために使っている化粧水は低価格の化粧水です。化粧水がお肌に浸透したら風呂場から出て保湿用クリームでそっと揉みほぐすように全身に塗るようにします。風呂から出るときに直ぐに化粧水、保湿ジェルクリームを使うようになってから身体が乾燥して困ることが無くなりました。

若かった頃は、夏の暑い日にからだがベタッとするのがイヤで身体を保湿することを疎かにしていました。ですが、歳を重ねるごとに潤いは無くなってきました。
今では「夏こそ保湿ケア!」と意識しています。乾燥が気になる寒い季節だけきちんと保湿ケアするのではなく、一年を通して保湿をしていたら吸いつくような肌になりました。

お肌が乾燥すると、皺やくすみなど老化の原因をつくります。顔だけで終らせず全身保湿して、この先ずっと弾けるような肌でありたいです。
安い化粧水だって毎日浴びるようにつけてしっかり保湿することで、乾燥で悩まされる心配は無用です!

自己処理が大変なら医療脱毛が楽ちん

むだ毛に悩んで落ち込んでいる女性の方、たくさんいらっしゃるみたいですね。私も子どものころからむだ毛に悩んでいて、どうすればこの毛をなくすことができるのだろうとずっと考えてきました。自分で剃り続けるのは面倒だし、カミソリ負けなど肌に良くないことも多いからです。

大人になって、脱毛という方法があることを知りました。エステサロンやクリニックでの脱毛について調べていたところ、エステサロンは永久的な脱毛ではなく、数か月に一度くらいのペースで通うことで気軽にむだ毛を防ぐ方法だと知りました。それなら医療脱毛のほうがいいと感じて、さっそく医療脱毛でいくつかの箇所を処理してみました。

医療脱毛をやって良かったと思っているのは、自己処理から解放されたことです。今までのシェーバーなどでの処理に限界を感じていたので、肌がすっきりして良かったと思います。自分に自信が持てるようになったので、これからは積極的に外に出かけていきたいと思っています。

「乾き」は肌に大ダメージを与えます

「乾き」は肌に大ダメージを与えます。素肌が乾燥状態になると、お肌に問題がでてきます。赤いポツポツが出来たりして目に見えて酷くなる事もあります。ともすると、角層が硬くなっていき、硬くなるとスキンケア用品の浸透が良くなくなります。

何か塗って治そうとしても角質の層が分厚いと効力が低下します。「乾燥」による皮膚荒れが目立ってくると、そこから病原菌が入ったりとどんどん深刻化してしまいます。

乾燥肌を潤す方法としては、風呂上がりに、湿り気がある状態で、ボディオイルを塗っていくのです。水分があるのですこしのオイルでも伸びが良くなります。
体中に塗るとしても、五百円玉くらいのオイル量で済むと思います。オイル美容液でうるおいを閉じ込めるようにカバーリングするのです。

心配なかかとなどは、更に「ワセリン」を塗り込んだりします。かお周りも始めにオイル美容液をほんの少量塗布してから美容化粧水をのせると、吸収率が上がるらしいですよ。

そのあとは、乳液を塗ったり、再び保湿オイルをつけたりするのです。化粧の下地にも専用オイルを混ぜ込んで使用すると1日中、乾燥知らずでいられます。
お化粧後でも、乾燥が気になる時は、スプレー式の専用オイルをお顔に回しかけています。乾燥防止対策には、美容オイルがやっぱり役に立ちます。

紫外線ダメージから身を守る

あたしが毎日、スキンケアで配慮していることは「紫外線ダメージから身を守る」こと。日焼け対策を怠ると、将来シミだらけの肌になる心配があります。
なので極力、「紫外線」をシャットアウトするように日頃から用心しています。

わたしの日焼け対策はまず、年中日焼け止めクリームを付けることです。季節にあわせて効き目の強さは変えていますが、秋冬でも毎日UVカット効果のある下地などを塗っています。
また特に日焼けを気に掛ける必要がある4月~9月頃までは、何重もの紫外線防止策を実施します。お出かけのさいにはいつも、黒い日傘か帽子か、日焼け対策用ボレロなどを着用しています。

最後に、紫外線対策になる美容食をたっぷり摂ることです。美肌の味方とも言える「トマト」は、できる限り1日1回は摂取するようにしています。特に「トマト」は熱を加えるとリコピン量がアップするので、スープなどにして摂取するようにしています。
緑黄色野菜は日焼け止めに効くという話なので、ブロッコリーなど積極的に摂るようにしています。

他にも、チョコやアーモンドも美白効果があるので、おやつタイムに摂るようにしています。

日焼け対策は大変ですが、こういうことは習慣的に行っていかないと意味がありません。手遅れとならないように、若いうちから日焼け対策を頑張っていく事が望ましいですね。

気を付けないと鳥肌になる!

ずっと毛深いのが悩みで苦しんでいました。
学生のプールの授業ですね毛が生えているのが嫌で、男子に笑われているんじゃないかと毎回不安に…
中学生の時だと男子より無駄毛が生えていたように思います。
本当に嫌でした。

ある日お風呂に入るときお姉ちゃんがカミソリで無駄毛を処理しているのを見て、私もやってみようと思いました!
どんどん無駄毛がなくなっていくのが快感に思えて気になるところ全て処理しました!
プールの授業がもう怖くない!と確信しました。

でもそれからまた困ったことに…
一本一本の毛が太かったので、剃ると生えかけた時に黒の点々として目立ってしまいました;
こうなると毎日のように剃っても目立ってしまうばかりで。
さらに脇などは夏場毎日剃っていたので皮膚が傷ついてしまい、鳥肌のように!
それでも色んな方法試してカミソリが一番効果が高かったのでやってはいましたが、やはり人前に肌を晒すのが恥ずかしいと思う気持ちは消えませんでした。

大人になってお金を貯めて全身脱毛に通うようになりました。
エステティシャンの方にアドバイスをもらい、なるべくカミソリを使わない&お風呂上りに体に化粧水とクリームを付けることを実践。
すると脱毛3年続けていくと同時に、鳥肌が目立った脇やVラインがきれいになってきました。
やはり自己流の処理は危険でした。
プロに相談してアドバイスを聞くのが一番ですね。

腕や脚の無駄毛のお手入れは、少し前までシェーバーでそっていました。
数回ならOKですが、頻度数が増えていくとかゆみの症状があらわれたり薄らと黒く変色してきたりします。
このままではマズイと考えて脱毛用のクリームを使うことにしました。

除毛剤は、可能な限り匂いが柔らかいタイプのものを使っています。
サロンの体験脱毛にも惹かれています。
中でも大手の脱毛サロンはミュゼプラチナムだと思います。

ミュゼ池袋 | 池袋にあるミュゼの店舗の場所と予約はこちら
http://www.greenacrescalifornia.com/

評価をチェックすると処理後の肌は綺麗になるけど、流行っているので脱毛日のアポを取るのが難しいかもですね。
脱毛サロンで行う脱毛、「毛周期」などの面で脱毛施術の間があくので、二ケ月に一回って調子です。
これを10回以上行くので、1、2年費やします。

なので、ムダ毛の対処で脱毛サロンに行くなら、早いに越したことないのです。
夏季になってから、やにわに脱毛処理を施してもらおうと決心しても、遅いので夏が終わってからのスタートがいいと思いました。
パーツをえらべる脱毛コースもありますが、六回前後なのは心配ですね。
施術数を二倍にすると、施術金額がすごくかさむのでしょうね。

わたくしがいつもするムダ毛のお手入れ方法は、「シェービング」か「抜く」かのどっちかのやり方です。

脱毛の施術は費用がかかってしばらくは行けそうにないので、期間限定で!このやり方です!まずシェービングは、毛の生えてる向きにそって剃る!!そうしなければ毛穴を傷付けてしまいます。

何も塗らずに剃るなんてとんでもない!!!シェービングの前にジェルなどを塗ってからシェービングを始めましょう。
シェービング後のケアも念入りに、スキンミルクを塗って保湿をしましょう。

続いてこれは私のやり方、剃ったあとに伸びてきた毛を抜きます!!でも引抜くことは本当はやるべきではありません。
毛の向きが変わってしまうので、毛が異常なことになってしまいます。

ですが抜くことが習慣になると、抜くのが止まらなくなって、ひたすら何時間も抜いていた、ということも多いです・・・。
剃るとか、抜き取ることは肌にとってはよいことではないのです。

できれば、あまりやらない方がいいかなと…きちんとケアしているつもりでも、お肌は傷付いているのです。
お金がある人は、脱毛に通うことが最善です。

とにかく我慢はしないようにしています

私が美容のために気をつけていることは、我慢しないことです。
お菓子を食べたいときは、食べます。眠たいとき、眠れる時間があれば目覚ましをかけずに自然に目が覚めるまで寝ます。
もちろんカロリーや運動などもするようにはしていますが、基本的には1週間くらいで調節するようにしています。

きつく自分を縛ってしまうと、そのせいで普段ニキビもできないのに4つもニキビができたことがあるので、ストレスにならないように、のんびり自然にすることが美容につながると思っています。

あとは、顔のスキンケアはあまり高すぎる化粧水などは買わないようにしています。本当はとても欲しいですが、高いと、化粧水をケチって少ししか使わなくなるからです。
手ごろな化粧水だと、使うときに価格の心配などもしないので、多めに使っても気にしなくて済みます。

体質もあるのでしょうが、私は初対面の人にはかならず肌がきれいだと言われます。
吹き出物などもほとんどできることはないですし、ツルツルの肌です。
そのおかげでだいぶ若く見られ、童顔なのもあって学生に間違えられることが多々あります。

私は我慢しないようにする美容で、自分らしくきれいでいられるように気をつけています。

実際の年齢よりも若く見られる事が多くなりました

お酒が好物なので飲んだ翌日の朝は顔が腫れています。
本当はまぶたは二重なのですが、まぶたがぷっくりして奥二重が一重のように見えます。
顔のデコボコが無くなってナマズのように見えるので、自分でも笑ってしまいます。

お酒飲んだ日だったらそうなるのは分かるのですが、そうではない時も二重瞼になっている事が増えてきたのです。
年齢とともによくむくむようになり、肌ツヤが気になって如何にかしなくちゃといろいろとやってみました。
酒を飲むときの塩分過多と水分不足がいけないのだと思ったのです。
なるたけヘルシーな物を頼んだり、お酒を飲む回数を少なくしたのです。

だけど自分はガマンできない性質なので、苛々することが増えました。
お酒を飲まない日のことを色々考えるのですが、低カロリーの物を食べた次の日もむくんでいて病気も疑いました。
お肌は乾燥するし、お肌も荒れてしまいいっそうストレスが増えました。

それまで感じていなかった肩コリも酷くなってきて病院へ行きむくみの原因が分かりました。
先生が言うには水分が不足との事。
仕事の関係でいつでも水を飲める訳ではないので、あんまり水分を摂らなくても苦痛に感じない体質でした。

飲んだ後は飲んだお酒以上の水分を、毎回2リットル位水分を摂取したら治っていきました。
顔色も良くなりコンシーラーでカバーしなくなったので実際の年齢よりも若く見られる事が多くなりました。
顔の色が明るい色になりました。
最近ではいつでもお水を買うようにして美容に力を注いています。

添加物を抑えた質の良い食事

いくつになっても美容とか健康を心がけて日々を送っているのが女性というもの。
私自身はわざわざエステティックサロンを利用したり、高いお化粧品を使っているとか、色んな種類のサプリを利用するとか、そういった出費になるような事はやっていませんが、食べものに関しては何気に気を付けていると思います。

それは食べる物というのは人の細胞を生成していて、人間のからだを構築する元だからです。
いままで暮らしてきて、やけに酢の物とかすっぱいものが食べたくなるよな~とか変に納豆が食べたくなったりするよななんて感じた事ってありませんか?
そうしたとき、私の場合は「あ~、体が欲しがっているのか(足りていないんだな)」と考えて摂取するようにしています。

特に配慮している事というのは、着色料や酸化防止剤といった食品添加物、それに産地です。
毎日の積み重ねなので仮に少ない量でも結構な量を摂る事になると考えると、あらかじめ防げるものは防ごうと、買い物の時に原材料のチェックをするようになったのです。

そして産地も見て確認し、野菜果物・肉魚・お砂糖やみりんなどの調味料などそこまで気を使うという程ではないのですけど自分が気に入った物を購入しています。

それからバランスを考えて、でも食べたい物をセーブすることなく頂くようにしています。
メンタル面でもストレスにもならないです。食というのは人に元気をくれます。
美容においては添加物を抑えた質の良い食事が大事です。

無駄毛処理より脱毛は肌に良い

自分でカミソリを使って長年無駄毛処理を続けてきたのですが、どうしても不器用なので肌を傷つけて流血させてしまうことがあったり、カミソリで無駄毛処理をした後には、お肌のカサつきや乾燥が気になってしまうこともよく有りました。

しかし、脱毛はカミソリでの処理と違って肌に対して表面を削ったりすることもありませんし、角質を傷つけることもないので、とても肌に優しい方法です。
近年の脱毛は光を放ってもらうだけで脱毛を楽しむ事ができますので、とても痛みが少なくて快適ですし、お肌に対するダメージもとにかく抑えられています。

無駄毛処理は剃ってもすぐに無駄毛が生えてきてしまうのでなかなか終わりが訪れないものですが、脱毛を楽しむ場合においては施術を重ねるごとにだんだんと無駄毛の量や本数を減らしてゆく事ができるというのも大きなメリットだと思います。
脱毛の施術を続けるにつれ、おのずと自己処理の頻度も実際に減っていったので脱毛して正解でした。
参考:ミュゼ 市川
URL:http://www.atgbb.com/

随分気温が下がって来たので肌を露わせずに、タイツを履いたりパンツスタイルになったりというファッションが可能になりました。
ということで薄着の季節は日々実行していたむだ毛ケアをやる頻度数が減少するので非常に喜ばしいのです。
しかしこれより後は異なる厄介事が降りかかってくるのです。

無駄毛をかみそりでケアしたのちに、大変に水分不足の肌になっちゃうの。
ローションなどを用いて乾燥を防いでいるのですが、そのくらいでは不十分みたいで痒みを感じちゃうのです。
そして痒みに耐えられず掻いてしまい、結果的には出血する程掻き壊してしまうのです。

このシーズンになるといつも頭を痛めているのです。
秋冬のむだ毛処理した後のお手入れはどのようにしたら良いのでしょうか。

ムダ毛の対処をしたのちに集中的な保湿ができるクリームとかをつければいいとは思いますが、沢山あって、何を選べばいいのか見当がつかないといった具合です。
皮膚が敏感なので片っ端からトライするというのはリスクが高いので、解決方法はいかにと考えあぐねています。

ビキニラインのムダ毛は私にとってとても面倒なむだ毛です。
わたくしはたまにその部分を自己処理することがあります。

誰でも水着からはみ出てるむだ毛を決して見られたくありませんよね?
そんなイヤな思いをしないようにわたしは夏が近づくとかなり頻繁にデリケートゾーンの処理をしています。

でもここのムダ毛処理をすると肌が荒れやすいですし、しかも一度処理して伸び始めてきた毛がものすごくチクチクしてボリボリ掻いてしまうのです。
これを何とかしたいと考えていて、頭を抱えています。

このチクチク感や痒くならないようにするやり方はないのでしょうか?
今はこのチクチク感や痒みがあるためわたくしは無駄毛の処理をするのがイヤになってきています。

どうもしっくりしなくてイラッとするし、この刺すような痛みが原因でいつも不満を抱えていないといけません。
この事には本当に困っていて、なんとかチクチクを無くす方法があるなら教えてほしいです。
ビキニラインのお手入れをすることは身だしなみだと思っていますが、このことのために色々と思い詰めてしまって辛いです。

簡単なメイクしかできません

学生の頃から化粧っ気もなく、オシャレにも大して興味を持たず。
主人と出会ってからは眉毛の形をちょっと気にする程度。
そのまま結婚して気付けば30代主婦になっていました。

友人の結婚式に出席したり、子供ができて公園や地域の子育てサークルで知り合ったママ友とランチしたり、幼稚園に入園してからは行事に参加したりと、ぼちぼちメイクする必要が出てきました。さすがにすっぴんではマナー的に問題かなぁと思って。

仕方なく「こんな感じでいいのかな…」と適当に始めたメイク。自信がないせいなのか、他のママさん達が輝いて見えます。
みんなメイク上手だなぁ。お肌がキレイ。アイメイクも自然な感じで素敵。
ちょっと興味がわいてきました。特にスキンケア。
相変わらず外出予定のない日はすっぴんで過ごしていますが、日焼け止めは必ずつけるようになりました。

ちょっとシミが気になり始めたので、シミ・そばかすに効果があるというビタミン剤も購入。
飲み始めてから2ヵ月が経ち、シミが薄くなってきました。効果あるんだ!続けていれば完全に消えるかな?

元々のお肌がキレイになればメイクも映えるかな?
なにより、コンシーラー(だったっけ?)とかでシミを隠すより、隠すものがない方がメイクが楽そう。
面倒くさがりほど、そういうところを気を付けないといけないんですね。

きれいになりたい!と願っているのは

きれいになりたい!と願っているのはいくつになっても一緒です。
歳をとった事で美しくなる事を割り切ったときからどんどん老けていくと意識しているので、年を取ること自体は怖くないのです。
気持ちの老いが怖いのです。

わたくしは良い歳なのですけど「私の人生はこれから!」という意志は日頃から持っています。
その為か「相変わらず若いよね」と近所の方からよく言われます。それを聞いて嬉しくない訳ないです。

「エイジレス」「年齢が分らない」という言葉を聞くと何となくウキウキ!その幸せ感が私に若々しさを取り戻させるのです。
運動に関しては二日に一回のペースで実施しています。
屋内のフィットネスクラブ限定で外でのスポーツは絶対にやりません。
それをするとしたらそれは美容に関心が無くなった時。

肌を紫外線に晒したくないし虫に刺されたりしてもお肌が汚れます。
室内で運動するので食事もおいしく頂けます。
毎日食事をおいしく頂くことも美容の為には不可欠です。

ストレスによる肌トラブルの代表的なもの

ストレスによる肌トラブルの代表的なものと言えばにきびじゃないですか?!

わたし自身、嫌なことがあったりするといつのまにか顎にきびが出来てしまうので、「ストレスって大したものだな、精神面だけでなくこうやってからだにも影響を与えるんだ」と、かえって感心させられます(笑)。
中でも昔、自分勝手な同僚ばかりいた職場に勤務していた時は大変でしたね・・・。

ひっきりなしにアゴににきびができ、完治しないうちにさらに次のにきびができるので、結果としてニキビ跡がずっと消えないで残っているような状況になってしまいました。

しかし、そこの職場を辞めることになったら、ピタリとニキビができなくなりました。
ですがやはり、当時の経験から「ストレスを溜めるとニキビが出来る」という規則性は心の底からそう思ったので、今でもイライラをためないように相当気を遣っていると思います。

私にとって最もリフレッシュできることは運動をすることです!適度に運動をしてたくさん汗をかくと、イライラもどこかに行ってしまいます。
汗をかくことにより解毒作用もあるので、そのことから言っても美肌になれるのではないかな?と期待しています。